〜経営に役立つ情報・事例を発信するサイト〜
powered by 東京商工会議所

価値あるIT活用のススメ ~vol.3 株式会社碌山~

f:id:tosho-antenna:20210303170427j:plain


市場の縮小、コロナ禍の影響をECサイトの工夫で克服!

株式会社碌山は、1981年に現在の田中大介社長の父親が創業。アンティーク・ジュエリーをヨーロッパで仕入れ、日本国内で販売していました。
現社長は2005年に入社、先細りの宝飾市場の中での事業承継でした。宝飾業界の国内市場は1992年のピーク時から4分の1へと激減し市場が厳しさを増すなか、新しい世代別ブランドを立ち上げ、その販売にEC(電子商取引)を活用し、ECの売上げは対前年で月によって200~400%を記録するほど伸ばしています
そのECサイトの活用法などを田中代表取締役社長に伺いました。

f:id:tosho-antenna:20210303151612j:plain

田中社長(中央)

自社工場でジュエリー製造ができることで
新ブランドの立ち上げとECサイトの活用で活路を見いだす

1986年、先代社長はアンティーク・ジュエリーの技法を活かした独自デザインジュエリーの製造・販売へと方針を転換するため、自社工場を建設しました。高い企画力と品質が評価され、国内外からの取引先からのOEM(相手先ブランド製造)依頼が増えていきました。

田中社長に事業承継した2005年頃、当社が扱っているジュエリーは高級品が多く、顧客層は50代以上が中心で、新たな顧客層を開拓する必要性を感じていました。
このため、2008年、若年層向けのゴールド主体ジュエリー商品を自社工場で製造し、『sowi』としてブランドを立ち上げ、同時に代官山に直営店をオープンしました。2012年には、ウェブサイトも作りましたが、立ち上げ後数年間はサイトからの売上げはほとんど立っていない状況でした

 

f:id:tosho-antenna:20210311174053j:plain

2017年頃から、スマートフォンの普及とともに当社サイトもスマホからのアクセスが急増し、これを受け、スマホからも買い物しやすいようにECサイトのリニューアルを本格的に取り組みはじめます。
スマホでも見やすい画面構成にデザイン変更したほか、支払方法も初めはクレジットカードのみでしたが、購入手順の途中での離脱を防ぐため、決済入力の手間が省けるオンライン決済サービスを追加し(『sowi』では今後対応予定)、売上向上に繋がるためのサイトの改善を数多く行いました

また、リニューアルに際してGoogle Analyticsを今まで以上に活用して分析を行い、顧客の顔が見えてきました
通常の時期はアクセスの90%が女性ですが、季節によっては、男性からのアクセスが急に増えることがわかりました。女性へのギフト需要です。
その季節に対応した顧客の求めるものに応えられるようになったことや、オンライン決済サービスの追加により途中離脱するお客様が減ったことなどで、サイトリニューアルの翌年2018年から、『sowi』のサイト売上げは、右肩上がりが続いています。

碌山として年代別に3ブランドを揃えたことでOEMの需要も拡大、
ECサイトは少ないコストで展開

若者向けブランド『sowi』を2008年に立ち上げた後、2011年にはより幅広い世代に向けたシルバー主体のブランド『FATRAS』を、2019年には、それまで卸しかしていなかった50代以上の商品群をブランド『ROKUZAN』として立ち上げました。
3ブランドが立ち上がったことで、幅広い年齢層に向けた商品ラインナップが揃い、それぞれの年代に届けられるようになりました。
ブランドごとのサイトは、対象層が異なるために、それぞれ独自の展開をはかっています。

 

f:id:tosho-antenna:20210311174119j:plain


自社ブランドが育ったことで、OEM(相手先ブランド製造)の引き合いも増えました。
当社のOEMは、オリジナルの宝飾品が作れますので、取引先企業としてもメリットが大きく、BtoB(企業対企業の取引)の間口が広がるという好循環を生み出しました。

ところが、2020年に緊急事態宣言が発出されると、BtoBの取引先の主要販路である百貨店等への納品がすべてストップされたのです。
その時の当社の売上げ比率は、OEMが約35%、自社製品が約65%です。
自社製品は、直営店での販売やECでの販売だけでなく、TVショッピング、通販カタログなど多様な販売チャネルを展開していますが、売上が安定しているECの比率を強化したいと考えています。

ECサイトでの展開は、実店舗を出すよりもコストが安く抑えられるというメリットがあります。ただし、ECサイトでは常に新しい試みが必要です。
インターネットの世界は変化が速く、素早く対応していかないとユーザーに飽きられ、顧客が離れていってしまいます。一度、離れた顧客を取り戻すのはたいへんです。

そのため、碌山では、ブランドサイトとインスタグラムなどのSNS(ネット上で社会的なつながりを提供するサービス)を連動させています。
『sowi』のインスタグラムのフォロワーは約1万2000人。SNSによる口コミの広がりは、たいへんな広告効果を生み出します。
SNSは、ECサイトへの集客を導く、有効な販売促進策となっています。

コロナ禍で減った実店舗売上げは、ECサイトの売上げでカバー
ブランド事業は増収増益に

2020年は、コロナ禍により実店舗の入店者数は対前年30%減となりました。
ところが、『sowi』のECサイトでの売上げは対前年で月によって200~400%を記録しており、実店舗での販売売上げの減少を補い、ブランド事業としては増収増益となりました。

「ECサイトを運用していく上では、大きな変化でなくてもいい、小さな変化の積み重ねが大切です。宝飾のビジネスも、時代の変化に対応できないと生き残って行けないでしょう。当社もできることを少しずつ積み重ねてきたことで、成果が目に見えてきました。これからもITの最新情報を積極的にとり入れ改善し、皆様により良い商品を提供していこうと思います」(田中社長)

 

【会社概要】
株式会社碌山

所在地   中央区日本橋本石町3-2-6 ストークビルヂング本石8F
代表取締役 田中 大介
設立年月日 1981年4月
従業員数     23名
業種       装身具輸入卸売小売
URL      http://www.rokuzan.co.jp/


<この記事に関連するサイト>

はじめてIT活用|東京商工会議所
https://www.tokyo-cci.or.jp/hajimete-it/