〜経営に役立つ情報・事例を発信するサイト〜
powered by 東京商工会議所

新型コロナウイルス感染症への対応ガイドPart1【職場における感染予防策】

f:id:tosho-antenna:20200807132135j:plain

 ~お客様・従業員・事業を守るために~

本ガイドは、主に都内事業者を対象に、新型コロナウイルス感染症の予防や感染者発生時の対応に関する基本的な事項をまとめたものです。
実際の対応については、最新の法令・各種ガイドライン等を遵守するとともに、保健所・医療機関の指示に従ってください。

※9月1日更新 

 

Part1 職場における感染予防策

自社の予防体制のチェックリストとしてご活用ください。

1.正しい情報を把握し、冷静に対応しよう!

厚生労働省や東京都などのホームページで最新の情報を確認しましょう。

☐ 厚生労働省「新型コロナウイルス感染症について」

コロナウイルス情報、政府の取り組みなどhttps://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html

☐「接触確認アプリ(COCOA)」のインストール

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/cocoa_00138.html

☐ 東京都「新型コロナウイルス感染症対策サイト」

東京都の感染状況、感染疑いのある方へのお知らせなど
https://stopcovid19.metro.tokyo.lg.jp/flow

☐ 東京都「新型コロナウイルス感染症支援情報ナビ」

都民・事業者向けに支援策を紹介するサイト
https://covid19.supportnavi.metro.tokyo.lg.jp/

☐ (一社)日本渡航医学会・(公社)日本産業衛生学会
「職域のための新型コロナウイルス感染症対策ガイド」

https://www.sanei.or.jp/images/contents/416/COVID-19guide0604koukai.pdf

☐ 従業員の健康状態をチェックする

出勤前、従業員に検温や体調確認をさせ、毎日報告など

2.毎日できることをしっかりやろう!

☐ 利用者・従業員にマスク着用の徹底を周知し、着用していない場合は配布等に努めている。
☐ 消毒備品等を各所に設置し、利用者・従業員に手洗いや手指消毒の徹底を周知している。
☐ 咳エチケットの励行、共用タオル等を使用しない、制服をこまめに洗濯する等衛生管理を徹底している。

3.ソーシャルディスタンスは出来るだけ2m!

☐ 行列整理や床の目印表示オンラインでの日時指定予約等により混雑を回避している。
☐ 座席の工夫(アクリル板の設置)など従業員も含めて対人間隔を確保し、大声で会話しないよう周知している。
☐ 対面が想定される場所への遮蔽物(窓口の透明ビニール)等の設置、キャッシュレス化等で接触機会を低減している。

4.3つの密(密閉・密集・密接)を避けよう!

☐ 3密が予想される場合、整理券の配布や入場者数・滞在時間の制限等を行っている。
☐ 扉や窓を開け、扇風機を外部に向けて使用するなど、定期的な換気を行っている。
☐ 従業員の休憩室等はできる限り換気を行い、対面で食事・会話をしないようにしている。 

5.こまめな施設の清掃・消毒が大切です!

☐ 熱がある利用者の入場・入店をお断りしている。 
☐ 複数の人が触れる場所や物品を極力減らし、難しい場合はこまめに清掃・消毒している。
☐ 使用済みマスク等は、ビニール袋に入れて縛るなど密閉して捨てるよう表示している。
☐ 清掃・消毒・ごみ回収は手袋・マスクを着用し、事後に手洗い・手指消毒を徹底している。

6.コロナ禍を契機に、社内体制を整備しよう!

☐ 緊急事態を想定した訓練体制の実施やBCP(事業継続計画)・新型コロナウイルス感染防止体制(感染防止のための対策の策定・変更について全社的に検討する機関)の整備等に取り組んでいる。
☐ 体制整備には経営者が積極的に関与するとともに、制度作りにとどまらず、現場でしっかり機能するように従業員に対し、周知・理解促進を図っている。
☐ 体制整備には衛生委員会や産業医等の産業保健スタッフ、弁護士・社労士等の専門家、労働者代表も加えるなど様々な意見を取り入れるよう工夫している。
☐ テレワーク(在宅勤務など)、時差出勤といった柔軟な働き方の実現に向けて取り組んでいる。

[参考1]感染症対策支援ツールを無償提供!~東商、東京都医師会、東京都の三者が連携~
「職場で始める!感染症対応力向上プロジェクト」

■コースⅠ
新型コロナウイルスを含む感染症に関する基本的な知識を学べる設問形式のドリル・Eラーニングを提供
■コースⅡ
基本的な感染症BCP(業務継続計画)を作成できるガイドとひな型を提供。感染症の発生段階に応じた、より実用的フォーマットにリニューアル
■コースⅢ
風しん抗体検査の受診・予防接種の促進をサポート

 ※「職場で始める」で【検索】!  https://www.tokyo-cci.or.jp/kenkokeiei-club/12/

7.「感染防止徹底宣言ステッカー」を取得しよう!

東京都では、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止と経済社会活動との両立を図るため、事業者向け東京都感染拡大防止ガイドラインを作成。
本ガイドラインや各業界団体作成のガイドラインを参考に、事業者の皆様に感染防止対策を徹底していただき、対策を行った店舗・事業所を登録することで、「感染防止徹底宣言ステッカー」を取得できる。https://www.bousai.metro.tokyo.lg.jp/taisaku/torikumi/1008262/1008420/

f:id:tosho-antenna:20200807100420p:plain

 (出典:東京都総務局)


【参考】
・内閣官房 新型コロナウイルス感染症対策推進室HP

・厚生労働省HP「新型コロナウイルス感染症について」
・国立感染症研究所HP「新型コロナウイルス感染症(COVID-19) 関連情報ページ」
・東京都HP「新型コロナウイルス感染症対策サイト」、東京都総務局・福祉保健局HP、その他自治体HP・公表資料
・(一社)日本渡航医学会・(公社)日本産業衛生学会「職域のための新型コロナウイルス感染症対策ガイド」 等

<関連リンク>
■ 新型コロナウイルス感染症への対応ガイドPart2【感染が疑われる従業員への対応策】
https://tosho-antenna.jp/entry/covid19-guide2

■ 新型コロナウイルス感染症への対応ガイドPart3【感染者が発生した場合の対応策】
https://tosho-antenna.jp/entry/covid19-guide3

■ 新型コロナウイルス感染症への対応ガイドPart4【Q&A・リンク集】
https://tosho-antenna.jp/entry/covid19-guide4