〜経営に役立つ情報・事例を発信するサイト〜
powered by 東京商工会議所

【健康経営実践コラム】きょうも健やか!(第1回)「メタボ健診でおなか回りを測るのも、病気予防の重要ステップ」

f:id:tosho-antenna:20220331161958j:plain


※このコラムは、健康リテラシー向上に向けた情報提供を目的として、東京商工会議所のメールマガジン「健康経営倶楽部マガジン」にてに配信したものです。
コラムの内容は、社員の皆さまへ「メール」または「文書回覧」の形式で転送できます。
イントラ掲載、印刷等による社外への配布、営利目的での利用、内容の改変・抜粋、著者・監修者のプロフィールをはずしての転送はできません。
転送可能な期間はメルマガ配信日(2022年4月12日)から1年間です。


会社や市町村で行っている、定例の健康診断。かつてはすべて「健康診断」といわれていましたが、いつの間にか「メタボ健診」とも呼ばれるようになりました。

「あれ、いつからおなか回りまで測るようになったんだろう?」と、不思議に思っている人もいるのではないでしょうか。

この検査が始まったのは、2008年4月から。「特定健康診査・特定保健指導」という新制度の下、40歳から74歳の人を対象として行われるようになった健康診断です。

通称「メタボ健診」といわれるように、この健康診断で調べられるのは「メタボリックシンドローム」です。

メタボとメタボ予備群を洗い出す!

「メタボ」という言葉は、太っている人の代名詞のようになっていますが、肥満者だけを指すものではありません。

メタボリックシンドロームは、肥満を背景とした内臓脂肪の蓄積に、血圧や血糖値、血中脂質など生活習慣病関連の検査値のうち、2つ以上が基準値を超えている場合に判定されます。

このような人は、正常な数値の人より動脈硬化が進みやすく、狭心症や心筋梗塞などの心臓病を発症する危険性が高くなります。

そこで、メタボリックシンドロームの人、あるいはその予備群の人をピックアップして、注意を促すのが、メタボ健診の役割なのです。

メタボ健診における「肥満」は、BMIではなく「内臓脂肪型肥満」。内臓にたまった脂肪の量を調べるために、おなか回りのサイズを測ります。

メタボ健診の目的は、病気の早期予防

健康診断というと、「病気を早く見つけて、早く治す」というイメージがあるかもしれません。しかしメタボ健診のポイントは、「病気の早期予防」にあるのです。

将来、心臓病などを起こしやすい人を選び出し、「特定保健指導」でどうしたら予防できるかを指導・フォローしていきます。

病気を未然に防ぐ大切な健診ですから、面倒くさがらず、しっかり受けてください。


※この記事は、執筆時点での情報に基づき作成しております(執筆年月日:2018年3月28日/確認年月日:2022年3月31日)。

【監修】
宮崎 滋(みやざき・しげる)

公益財団法人結核予防会 総合健診推進センター所長

1971年東京医科歯科大学医学部卒業。
東京医科歯科大学臨床教授、東京逓信病院副院長などを経て現職。専門は肥満症、糖尿病。
『別冊NHKきょうの健康 健康ダイエット 肥満が招く11の病を防ぐ』(NHK出版)など、監修書、著書多数。
肥満予防、メタボリックシンドローム治療の権威。健康でいながらも確実に痩せるダイエット法を提案する。

 
上記コラムの無断転載を禁じます。

<コラムに関するお問い合わせ>
株式会社NHK出版 メディアビジネス部  03-3780-3361
担 当 :福田 均  fukuda-h@nhk-book.co.jp

<この記事に関連するサイト>
健康経営倶楽部|東京商工会議所
https://www.tokyo-cci.or.jp/kenkokeiei-club/