〜経営に役立つ情報・事例を発信するサイト〜
powered by 東京商工会議所

お役立ちニューストピック(2022年3月14日更新)

f:id:tosho-antenna:20200605160554j:plain

都・区などの事業、補助金・助成金、サービスなど、中小企業に役立つ情報をピックアップしてまとめました。貴社の発展や経営課題の解決に、ぜひご活用ください!

令和4年度「若手・女性リーダー応援プログラム助成事業」「商店街起業・承継支援事業」募集開始(東京都・東京都中小企業振興公社)

東京都及び公益財団法人東京都中小企業振興公社では、都内商店街で開業を希望する若手・女性への支援を通じ、商店街活動の新たな担い手の発掘を図り、商店街活性化を促進する「若手・女性リーダー応援プログラム助成事業」を実施しています。
また、都内商店街で開業、事業多角化及び事業承継を希望する中小企業者等への支援を通じ、空き店舗の減少や商店街会員の増加を図り、商店街活性化を促進する「商店街起業・承継支援事業」を実施しています。

このたび、両事業の募集を開始いたしますので、お知らせします。

若手・女性リーダー応援プログラム助成事業

<対象者>
女性又は39歳以下(令和5年3月31日時点)の若手男性で、都内商店街で開業予定であり、実店舗を持っていない方

■商店街起業・承継支援事業

<対象者>
都内商店街の店舗において「開業」・「事業多角化」による新規店舗開設又は「事業承継」による店舗改装等をする方

※対象経費・助成率・助成限度額等の詳細は、以下のリンクよりご確認ください。

<第1回募集スケジュール(2事業共通)>
申請エントリー期間(ホームページ)  
4月5日(火曜日)~4月19日(火曜日) 

申請書類提出(郵送) 
4月下旬~5月上旬

書類審査
5月下旬~6月中旬 

面接審査
7月上旬    

助成対象者決定(交付決定日)
8月1日(月曜日)(予定)

<詳細はこちら>
 若手・女性リーダー応援等2事業 募集開始|東京都

「令和4年度新製品・新技術開発助成事業」の募集開始(東京都中小企業振興公社)

本事業では、実用化の見込みのある新製品・新技術の自社開発を行う都内中小企業者等に対し、試作開発における経費の一部を助成します。

<特徴>
・原材料や機械装置、外注加工や委託試験の費用、人件費など開発に係る経費を最大1,500万円助成
・最長1年9ヶ月の助成対象期間
・創業予定者も申請可能

<対象となる事業分野>
1. 新製品・新技術の研究開発
2. 新たなソフトウェアの研究開発
3. 新たなサービス創出のための研究開発

<助成対象期間>
令和4年9月1日~令和6年5月31日(最長1年9か月)

<申請受付期間>
令和4年3月14日(月)~4月5日(火)17時00分

<詳細はこちら>
新製品・新技術開発助成事業 | 東京都中小企業振興公社

<3月31日3次募集締切>モール活用型 ECマーケティング支援事業(中小企業基盤整備機構)

新型コロナウイルス感染症拡大により、業績に影響を受けている中小企業・小規模事業者様を対象に、ECを活用した販路開拓に必要な知見や実践経験を獲得し、自社の販売拡大につなげる自立を目指した支援を実施します。

国内モールでは「楽天市場」「Yahoo!ショッピング」「47CLUB」、越境モールでは「アメリカ(AmazonもしくはeBay)」、「シンガポール( Shopee)」の特設するページに出品する企業を募集します。

お客様およびECサイト側との窓口業務・受発注管理はすべて事務局で行います。
必要書類をご提出いただいた後は発送していただくのみとなり、これからECに取り組みたい企業様、越境ECにチャレンジして販路を広げたい企業様におすすめの支援プログラムです。

<3次募集・応募締め切り>
令和4年3月31日(木) ※出品開始時期:令和4年6月上旬

<詳細はこちら>
モール活用型 ECマーケティング支援事業|中小企業基盤整備機構

 

【登録無料】国・東京都の支援施策情報は、東商のメルマガで!

東京商工会議所のメールマガジンでは、毎週水曜に、経営に役立つ情報を配信しています。登録は無料ですので、ぜひご登録ください。

※登録はこちら   https://msg.tokyo-cci.or.jp/mail/pub/create?defName=tosho