〜経営に役立つ情報・事例を発信するサイト〜
powered by 東京商工会議所

お役立ちニューストピック(2022年2月14日更新)

f:id:tosho-antenna:20200605160554j:plain

都・区などの事業、補助金・助成金、サービスなど、中小企業に役立つ情報をピックアップしてまとめました。貴社の発展や経営課題の解決に、ぜひご活用ください!

令和3年度 テレワークマネージャー相談事業(総務省)

今、わが国では、働き方改革の一環として、テレワークを導入する企業・団体が増えています。
本事業ではテレワーク導入等を検討している企業・団体等にテレワークの専門家(テレワークマネージャー)が助言や情報提供等を行い、良質なテレワークの普及促進を推進しています。

<支援内容>
テレワークによる効果の説明、テレワークに適したシステム(在宅勤務などを行うためのICT機器、システム)や情報セキュリティ、勤怠労務管理、その他テレワーク全般に関する情報提供・相談、導入に向けての支援等を行います。

・支援の方法:WEB会議・電話または派遣訪問
・支援上限回数:なし(派遣訪問は一企業・団体あたり3回まで)
・一回当たり支援時間:最大6時間まで
 ※1回1~2時間程度、3回前後実施が目安です。

<相談実施期間>
申請受付:3月4日まで
支援実施:3月11日まで

<費用>
コンサルティング費用:無料
※ご利用時にかかる電話料金や通信料は相談希望者様のご負担となります

<詳細はこちら>
令和3年度 テレワークマネージャー相談事業|総務省

一時支援金等受給者向け販路開拓サポート助成事業(令和3年度第3回募集)(東京都)

東京都は、コロナ禍における緊急事態宣言や外出自粛等の影響により、売上の減少等の課題に直面し、一時支援金(国)等を受給した都内中小企業者を対象として、展示会出展費用等の一部を助成し、販路開拓を支援しております。

このたび、「事業復活支援金(国)」を受給した方を新たに対象に加え、以下のとおり申請の事前エントリーを予定しておりますのでお知らせいたします。

<助成対象>
一時支援金(国)、月次支援金(国)、月次支援給付金(都)又は事業復活支援金(国)のいずれかを受給した中小企業者の方

<助成対象経費>
1)展示会参加費 
2)ECサイト出店初期登録料 
3)自社webサイト制作費 
4)販売促進費(チラシ・カタログ制作費、PR動画制作費、PR広告掲載費)
【注】4)を申請するためには1)~3)のいずれかの経費の申請が必須

<助成限度額>
150万円

<助成率>
助成対象経費の5分の4以内

<助成対象期間>
令和4年6月1日から1年1か月

<事前エントリー期間>
令和4年2月18日 10時00分 ~ 令和4年2月28日 17時00分

<申請受付期間>
令和4年2月21日~令和4年3月14日

<詳細はこちら>
一時支援金等受給者向け販路開拓サポート助成事業(令和3年度第3回募集)|東京都

サプライチェーン維持・確保に係る中小企業の経営課題に対応する専門家派遣を実施(東京都)

東京都は、製造業等の企業活動に必要となる部品・原材料の入手が困難を極め、サプライチェーンの維持・確保が課題となる現状を踏まえ、中小企業に対し、特別相談窓口の開設、専門家派遣を実施します。
本事業では、原材料価格や輸送費の高騰、基幹部品の流通不足などに起因する多様な経営課題に対応するため、経営・金融・法律・税務等の専門家による相談対応を実施するほか、様々な支援ニーズに即した専門家の派遣により、中小企業の経営の安定化を後押ししていきます。

<対象>
・原材料価格や輸送費の高騰、基幹部品の流通不足などにより、企業活動に重大な影響を受け、経営の安定化などを目指す都内中小企業
・東京都中小企業振興公社が設置する「サプライチェーン維持・確保に係る特別相談窓口」にて経営相談を実施した上で、本支援が必要と認められる中小企業

<申請受付>
令和4年2月9日(水曜日)から令和4年3月4日(金曜日)まで

<支援内容>
中小企業診断士等の専門家を無料で派遣し、経営改善等に向けたアドバイスを実施(1社あたり4回まで・無料)
※派遣期間は令和4年3月31日まで

<専門家派遣の特徴>
①経営の安定化などに向けたアドバイスを行う専門家を無料で派遣
②中小企業の支援ニーズに応じ、複数の専門家による支援も実施
 ※ご希望に応じて、オンラインでの対応も可能

<詳細はこちら>
サプライチェーン維持・確保に係る中小企業の経営課題に対応する専門家派遣を実施|東京都

「TOKYOワクションアプリ」3回目接種記録の登録機能を追加します(東京都)

都は、現在、新型コロナウイルスワクチンの接種を進めるため、ワクチン接種記録を登録できるアプリを活用した接種促進キャンペーン「TOKYOワクション」を展開しております。
アプリは、街中での画面提示による協賛事業者が提供する特典の受け取り、飲食店やイベント会場での画面提示などに活用でき、今後、ワクチン・検査パッケージが再開された場合の活用も想定しております。

この度、3回目接種記録の登録機能を追加しましたので、お知らせいたします。

<追加する機能>
3回目接種記録の登録及び表示

<追加日時>
令和4年2月10日(木曜日)正午

<登録方法等>
以下のリンクよりご確認ください。

<詳細はこちら>
TOKYOワクションアプリ機能追加(2894報)|東京都

食産業の海外展開セミナー「1から学ぶ、輸出入と規制の基礎をお届け!」(中小機構)

食産業界の中小企業が海外展開を目指す際に、押さえたいポイントや注意すべき法律・規制などについて、食産業の専門家が基本から解説します!
「海外進出してみたいけど、何から始めれば分からない・・・」「食品の輸出入をしたいけど、各国の規制はどうなっているんだろう?」といった悩みをお持ちの皆様、必見です!

<日時>
2022年3月8日(火曜)
14時00分~16時00分(日本時間)

<開催方法>
Zoomウェビナー

<対象者>
・海外展開が初めての食産業関連中小企業
・これから食産業に進出する中小企業
・食産業に関わる規制等の情報を収集したい中小企業

<参加費>
無料

<講師>
中小企業アドバイザー  清松 直之 氏

<詳細はこちら>
食産業の海外展開セミナー「1から学ぶ、輸出入と規制の基礎をお届け!」|中小機構

 

【登録無料】国・東京都の支援施策情報は、東商のメルマガで!

東京商工会議所のメールマガジンでは、毎週水曜に、経営に役立つ情報を配信しています。登録は無料ですので、ぜひご登録ください。

※登録はこちら   https://msg.tokyo-cci.or.jp/mail/pub/create?defName=tosho