〜経営に役立つ情報・事例を発信するサイト〜
powered by 東京商工会議所

【企業向け新型コロナウイルス対策情報】第55回~Withコロナ時代におけるインフルエンザ予防接種 その2

f:id:tosho-antenna:20211005160429j:plain


東京商工会議所では、新型コロナウイルスが感染拡大する中、企業での対策に活用できる情報として、産業医有志グループ(※)より提供される「企業向け新型コロナウィルス対策情報」を配信(不定期)しております。

(※)本対策情報は、産業医有志グループ(今井・櫻木・田原・守田・五十嵐)が作成し、厚生労働省新型コロナウイルス対策本部クラスター対策班・和田耕治先生(国際医療福祉大学・公衆衛生学教授)のサポートも受けたものです。詳細は本ページ下部の「文責」をご覧ください。


※本内容は2021年10月1日に配信されたものです。

経営者・総務人事担当者のみなさま、2021-2022シーズンのインフルエンザの予防接種について検討されていますでしょうか?
コロナ禍の昨年のシーズンにはインフルエンザの流行が起きなかったので、今年の予防接種をどうしようかと悩まれている担当者も多いと思われます。

1.課題の背景

昨シーズンはインフルエンザの罹患者は1万4000人程度と、ほとんど流行は起きませんでした。
また、日本でのインフルエンザ流行を予測する上で参考となる南半球のオーストラリアでも、2021年のシーズンの流行は見られませんでした。
しかし、昨シーズン流行しなかったからこそ、インフルエンザに対する免疫を持たない人が増え続けていることになり、今シーズンに流行する可能性も否定はできません。(関連情報1、2)

一方で、今年のインフルエンザワクチンの供給は昨年よりも減る見込みとなっており、必要な人に効率よく行きわたることも大事だと言えます(関連情報3)。
また、まだ新型コロナウイルスの予防接種が済んでいない方もいますので、どのように予防接種を進めていくか悩ましいところです。

以上のような課題があり、今年の予防接種を職場でどう進めていくか悩まれている担当者も多いと思われます。

2.企業でできる対策

(1)インフルエンザの予防接種を推奨する

(2)個別の感染リスクに応じてインフルエンザの予防接種を特に推奨する

(3)新型コロナウイルスの予防接種を優先的に行う

(1)インフルエンザの予防接種を推奨する

新型コロナウイルスとインフルエンザは症状で区別することが困難であり、発熱などの症状が出れば、コロナウイルスと同様に10日程度の自宅隔離が必要になるケースもあります(関連情報4)。
健康保険組合等からの費用補助、職場での集団接種等が例年通りに実施できそうであれば、職場での接種を実施することをお勧めします。ただし、例年通りの実施が難しそうな場合には、(2)で示すように個別の感染リスクに応じて検討するのも一つの方法です。

(2)個別の感染リスクに応じてインフルエンザの予防接種を特に推奨する

業務上の感染リスクが高い方、家庭に子供がいる方、感染した場合の合併症リスクが高い方については、特に予防接種が推奨されます。
特に接種が推奨される方を表にまとめました。例年通りのインフルエンザ予防接種が難しそうな場合でも、ぜひ、これらの方については、社内でも接種の推奨をアナウンスしていきましょう

表)インフルエンザ予防接種が特に推奨される対象
https://www.tokyo-cci.or.jp/kenkokeiei-club/img/covid-19_mail_no55_01.PNG


なお、予防接種時の感染リスクを下げる下記の取り組みも重要です。
第31回情報配信「With コロナ時代におけるインフルエンザ予防接種」もご参照ください。

<予防接種時の感染リスクを下げる取り組み>

 ▢ 訪問型インフルエンザ予防接種の活用を検討する。

 ▢ 予防接種を受ける時は、できるだけ事前に予約するよう周知する。

 ▢ 接種を受ける際は、マスク着用、できるだけ密を避ける行動を促す。

 ▢ 医療機関の行う感染防止対策に協力するよう促す。


※第31回記事はこちら

(3)新型コロナウイルスの予防接種を優先的に行う

現在のところ、原則として、新型コロナワクチンとそれ以外のワクチンは、同時に接種はできません。新型コロナワクチンとその他のワクチンは、互いに、片方のワクチンを受けてから2週間後に接種することになっています(関連情報5)。

まだ新型コロナワクチンを接種していない方については、インフルエンザワクチンの接種をする際にスケジュールの問題が発生します。その場合には、新型コロナウイルスの方がインフルエンザよりも感染性や重篤性が高いことから、優先的に接種する必要があるでしょう。

3.関連情報リンク

1)インフルワクチン、供給に遅れ 「コロナと同時流行」懸念も 専門家・学会など(時事ドットコムニュース)
2)新型コロナの流行が続く今シーズン、インフルエンザは流行るのか(忽那賢志)
3)今シーズンの季節性インフルエンザワクチンの供給について(日医online)
4)2021-22 シーズンの季節性インフルエンザワクチンの接種に関する 日本ワクチン学会の見解(2021年6月22日)
5)新型コロナワクチンQ&A 新型コロナワクチンとそれ以外のワクチンは、同時に接種することはできますか。(厚生労働省)

 

【文責】
五十嵐 侑

五十嵐労働衛生コンサルティング合同会社

 
※本文章は、産業医有志グループ(今井・櫻木・田原・守田・五十嵐)で作成しました。
厚生労働省新型コロナウイルス対策本部クラスター対策班・和田耕治先生(国際医療福祉大学・公衆衛生学教授)のサポートも受けております。

OHサポート株式会社(代表/産業医 今井 鉄平 氏)では、経営者・総務担当者向けに必要な感染拡大防止策情報を随時配信しています。
本情報は著作権フリーですので、ぜひお知り合いの経営者に拡散をお願いします。

また、動画配信も順次行っております
https://www.youtube.com/channel/UC4lRPnKfYPC6cT1Jvom5VbA

これまでに配信しましたバックナンバーは、以下リンクをご覧ください
http://www.oh-supports.com/corona.html


※本情報配信に関するご意見・ご要望は、こちらまでお寄せください。
 covid-19@ohsupports.com


<この記事に関連するサイト>
企業向け新型コロナウイルス対策情報一覧|東京商工会議所
https://www.tokyo-cci.or.jp/kenkokeiei-club/covid-19/

健康経営倶楽部|東京商工会議所
https://www.tokyo-cci.or.jp/kenkokeiei-club/

職場で新型コロナウイルスの感染が疑われたら読むガイド|東京商工会議所(tosho antenna)
一覧はこちら