〜経営に役立つ情報・事例を発信するサイト〜
powered by 東京商工会議所

【連載】渋沢栄一の言葉~著書から読み解く“不変の「王道」” Vol.13

f:id:tosho-antenna:20200716154204j:plain
東京商工会議所の初代会頭であり、500を超える企業の設立に関わった渋沢栄一は、実に多くの言葉を残してきました。現代の経営においてもその言葉は力を持ち、不変の王道として、たゆまなくその意志をつなぐことが求められているのではないでしょうか。
このコーナーでは、東商新聞  で連載中の「渋沢栄一の言葉」を、順次紹介していきます。


およそ人としてその処世の本旨を忘れ、
非道を行っても私利私欲を充たそうとすることがあったり、
あるいは権勢に媚び諂ってもその身の栄達を計らんと欲するは、
これ実に人間行為の標準を無視したものでかくのごときは決して
その見栄、その地位を永遠に維持するゆえんの道ではない

【論語と算盤】:武士道は実業道 より

 
2015年に国連に採択されたSDGs(持続可能な開発目標)の17ゴールの壮大な理念は「誰一人取り残さない」です。
言い換えれば、「皆で前進する」ことになります。
一人ひとりは微力です。しかしながら、形式にとらわれることなく、近視眼にならず、良心が訴える方向へ、皆が力を合わせて前進すれば、後世に残すのは負の遺産ではなく、誇り高いレガシーです。

「人としての処世の本旨」とは人として歩むべき道、つまり、人道です。
人間として当たり前のことを当たり前にやることが「人間行為の標準」です。

一方、自分の仕事や事業とは関係ない、だから、やらないという取り決めは、事の効率性を高めるかもしれません。
しかし、それでは思考停止になり、SDGsを企業が掲げたとしても、それはお飾りに過ぎません。

10年前に創業したコモンズ投信の企業理念を明文化しました。
「一人ひとりの未来を信じる力を合わせて、次の時代を共に拓く」です。
これが、コモンズ投信の社名の由来である「コモン・グラウンド」の存在意義です。
「今日よりも、よい明日」を実現させる「世代を超える」長期投資には、未来を信じる力が必要です。

未来を信じる力の持ち主は幸せ者です。
未来を信じれば理想へとつながり、理想は行動につながります。
そして、行動があるからこそ、幸福な結果が訪れるのです。


日本は世界に18番目のSDGsのゴールを提唱すべきです。
その18番目のゴールとは「幸せになること」です。
「全ての人々が」という壮大な理念を掲げながら。

(東商新聞2018年5月20日号 掲載)

 

世のいわゆる成功は必ずしも成功でなく、
世のいわゆる失敗は必ずしも失敗でない

【論語と算盤】:失敗らしき成功 より


成功したいと誰でも思うことでしょう。
成功は自己実現の要であり、また他から自分の存在が認められているという自尊心にもつながり、人間社会で暮らすためには不可欠な要素です。

失敗を恐れて身動きができない状態を打破し、ものごとに体当たりするような意気で成功を求めることは社会活性化の源泉です。

しかし、ただただ成功したい、認められたい、失敗したくないという気持ちだけが先走り、反則や不正を起こすことが見逃される、あるいは、強制されるような「空気」に疑問を持たない自身や組織が起こす失敗は、残念ながら少なくありません。

これは日本を代表するような大学アメリカンフットボールチームや大企業やお役所であろうが同じです。
相手を「つぶす」だけではなく、目先に不都合が生じると場合によっては身内も「つぶす」。
これでは、成功への王道が導けるわけありません。

自分が成功したい、指導部から認められたいばかりに判断力を失い、フィールドで反則行為を行い、自身が社会的制裁を被り、所属するチームや大学にも多大な迷惑をかけたアメフト選手に渋沢栄一の言葉を届けたいです。

「たとえ一時は失敗のごとくに見えても、長い時間のうちには努力の功空しからず。
社会はこれによって益せられ、結局その人は必ずしも千載の後を待たずとも十年二十年あるいは数十年を経過すれば、必ずその功を認められることになる。」

目先の失敗は、長期的な、本質的な成功につながることもあります

(東商新聞2018年6月20日号 掲載)

<この記事に関連するサイト>
渋沢栄一 特設サイト|東京商工会議所
https://www.tokyo-cci.or.jp/shibusawa/

 

渋澤 健(しぶさわ けん)
【執筆者プロフィール】
渋澤 健(しぶさわ けん)

シブサワ・アンド・カンパニー株式会社代表取締役
コモンズ投信株式会社取締役会長

<略歴>
複数の外資系金融機関でマーケット業務に携わり、2001年にシブサワ・アンド・カンパニー株式会社を創業し代表取締役に就任。07年にコモンズ株式会社(現コモンズ投信株式会社)を創業、08年に会長に就任。経済同友会幹事およびアフリカ開発支援戦略PT副委員長、UNDP(国連開発計画)SDG Impact運営委員会委員、東京大学社会連携本部顧問、等。著書に「渋沢栄一100の訓言」、「SDGs投資」、「渋沢栄一の折れない心をつくる33の教え」、他。

シブサワ・アンド・カンパニー
http://www.shibusawa-co.jp/index.htm