〜経営に役立つ情報・事例を発信するサイト〜
powered by 東京商工会議所

お役立ちニューストピック(2021年6月7日更新)

f:id:tosho-antenna:20200605160554j:plain

都・区などの事業、補助金・助成金、サービスなど、中小企業に役立つ情報をピックアップしてまとめました。貴社の発展や経営課題の解決に、ぜひご活用ください!

テレワークセキュリティガイドライン(第5版)/中小企業等担当者向けテレワークセキュリティの手引き(第2版)の公表(総務省)

企業等がテレワークを実施する際のセキュリティ上の不安を払拭し、安心してテレワークを導入・活用いただくための指針として、テレワークの導入に当たってのセキュリティ対策についての考え方や対策例を示した「テレワークセキュリティガイドライン」を策定・公表しています。

また、セキュリティの専任担当がいないような中小企業等におけるシステム管理担当者(専門用語について仕組みの詳細まではわからないが、利用シーンがイメージできるレベルの方)を対象として、テレワークを実施する際に最低限のセキュリティを確実に確保してもらうための手引き(チェックリスト)を作成・公表しています。

<詳細はこちら>
テレワークにおけるセキュリティ確保(総務省) 

オンラインを活用した販路開拓支援(展示会出展コース)(東京都中小企業振興公社)

※対象展示会の拡充&締切の延長を行いました(令和3年5月27日)更新

新型コロナウィルス感染拡大の影響により、中小企業においても感染拡大防止を図りながら販路開拓を行う体制が求められるようになりました。このハンズオン支援では、オンラインを取り入れた新しいスタイルの営業活動・販路開拓の実現に向けて、都内中小企業を支援します。

・ハンズオン支援とは?
オンライン販路開拓アドバイザーが、1社につき1人が専任となって、約1年間、企業のオンラインを活用した営業活動や販路開拓の戦略策定・実行についてサポートさせていただくものです。

・オンライン販路開拓アドバイザーとは?
企業のオンライン販路開拓に関する課題解決をサポートします。民間企業出身で、マーケティングやプロモーションの体系的な知識に加え、オンラインツールの導入や運用の仕方など、さまざまなノウハウを保有しています。

<募集期間> ※締切を延長しました
令和3年4月19日(月)~6月18日(金) ※必着

<詳細はこちら>
オンラインを活用した販路開拓を支援します!(展示会出展コース)(東京都中小企業振興公社) 

令和3年度 企業再編促進支援 【M&Aマッチング支援】(東京都中小企業振興公社)

事業譲渡等を検討している都内中小企業者を対象に国内譲受(買い手)事業者とのM&Aマッチング支援を行います。
後継者の不在や事業継続にお悩みを抱えている事業者様の第三者承継(M&A)を支援します。
お申込みをご希望の事業者様は申請前相談にエントリーしてください。

※本事業の支援対象者は譲渡(売り手)事業者です。譲受(買い手)事業者は支援の対象ではございません。

<支援の特徴>
・着手料が無料(公社が負担)
・国内最大級のM&Aネットワークを活用可能
・M&Aプラットフォームと有人サポート(専任アドバイザー)による支援
・スピーディーなマッチング(最短2ヶ月程度)も可能
・支援期間(アドバイザリー契約期間)は支援決定日から最長1年間

<申請前相談予定日(第1回募集)>
6月9日(水)、14日(月)、17日(木)、22日(火)、24日(木)

※令和4年2月中旬まで随時受け付けます。

<詳細はこちら>
令和3年度 企業再編促進支援 【M&Aマッチング支援】(東京都中小企業振興公社) 

 

【登録無料】国・東京都の支援施策情報は、東商のメルマガで!

東京商工会議所のメールマガジンでは、毎週水曜に、経営に役立つ情報を配信しています。登録は無料ですので、ぜひご登録ください。

※登録はこちら   https://msg.tokyo-cci.or.jp/mail/pub/create?defName=tosho