〜経営に役立つ情報・事例を発信するサイト〜
powered by 東京商工会議所

お役立ちニューストピック(2020年11月30日更新)

f:id:tosho-antenna:20200605160554j:plain
都・区などの事業、補助金・助成金、サービスなど、中小企業に役立つ情報をピックアップしてまとめました。貴社の発展や経営課題の解決に、ぜひご活用ください!

営業時間短縮に係る感染拡大防止協力金(11月28日~12月17日実施分)について(東京都)

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、営業時間の短縮要請が行われることに伴い、要請に全面的にご協力いただける中小の飲食事業者等に対し、下記のとおり協力金を支給いたします。

<支給額>
一事業者当たり、一律40万円

<主な対象要件>

  • 東京都の営業時間短縮要請を受けた、特別区及び多摩地域の各市町村の酒類の提供を行う飲食店及びカラオケ店を運営する中小企業、個人事業主等
  • 夜22時00分から翌朝5時00分までの夜間時間帯に営業を行っていた事業者が、朝5時00分から夜22時00分までの間に営業時間を短縮した場合
  • 要請を行う全期間(令和2年11月28日から12月17日まで)において、営業時間の短縮に全面的にご協力いただくこと
  • ガイドラインを遵守し、「感染防止徹底宣言ステッカー」を掲示していただくこと


※今後、専用のポータルサイトを立ち上げ、情報発信や申請受付への対応を予定しています。
また、ポータルサイトの開設時期や申請受付期間、申請方法等は決定次第、都ホームページにて公表する予定です。

<詳細はこちら>
営業時間短縮に係る感染拡大防止協力金(1072報)(東京都) 

広域関東de人材シェア!(関東経済産業局)

人材シェアマッチングとは「人材余剰の企業」から「人材不足の企業」へ一時的に雇用を移動させる考え方です。
新型コロナウイルス感染症の影響により雇用状況が大きく変わる中、企業間で人材の送り出しと受け入れを行う事で、雇用の維持や人材のスキルアップ、経営改善の最適化が期待できます。

当サイトでは、広域関東圏内(※)に事業所を持つ中小企業等の人材のシェアマッチングを支援することを目的とし、受入希望企業の紹介や送出希望企業の募集などを行っております。
また、(公財)産業雇用安定センターに在籍する専門家が、人材シェアマッチングのサポートを行います。

※広域関東圏とは、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、山梨県、長野県、静岡県の1都10県です。

<詳細はこちら>
広域関東de人材シェア!(関東経済産業局) 

5Gによる工場のスマート化モデル事業(東京都)

~都内中小製造業の皆様に対する次世代通信インフラの導入・活用と生産性向上を支援します!~

本事業は、5G導入のモデル事例となるよう先駆的に自社工場へ「ローカル5G(以下「5G」という。)」を導入し、工場のスマート化を図る中小企業者等に対して、5Gの導入や運用に必要となる経費の一部を助成するとともに、その導入に係る成果を広く情報発信することで、5Gといった先端技術の活用による都内ものづくり中小企業の生産性向上、ビジネスモデルの革新等を促進することを目的としています。

<申請書提出期限>
 令和3年2月15日(月)まで

<詳細はこちら>
5Gによる工場のスマート化モデル事業(東京都) 

占用許可基準緩和によるテラス営業支援事業(追加募集)(東京都)

東京都及び公益財団法人東京都中小企業振興公社は、占用許可基準緩和によるテラス営業支援について、道路等占用許可基準の緩和措置の期限が延長されたことを受け、追加で申請受付を開始することとしましたので、お知らせします。

<テラス営業支援事業とは>
道路占用許可基準の緩和措置(※)等を活用してテラス営業等を行う際に使うイスやテーブル等を新たに調達する経費の一部を助成します。

(※)道路占用許可基準の緩和措置とは
  新型コロナウイルスの影響を受ける飲食店等を支援する緊急措置。 
  地方公共団体と地域住民・団体等が一体となって取り組む沿道飲食店等が
  テラス席やテイクアウト等の路上営業を行う基準が緩和される。

<追加募集期間>
令和2年12月28日(月)まで(郵送)必着

<詳細はこちら>
占用許可基準緩和によるテラス営業支援事業(東京都) 

 

【登録無料】国・東京都の支援施策情報は、東商のメルマガで!

東京商工会議所のメールマガジンでは、毎週水曜に、経営に役立つ情報を配信しています。登録は無料ですので、ぜひご登録ください。

※登録はこちら   https://msg.tokyo-cci.or.jp/mail/pub/create?defName=tosho