〜経営に役立つ情報・事例を発信するサイト〜
powered by 東京商工会議所

事業承継

【連載】中小企業M&A(第5回)「M&A成功事例~老舗企業がM&Aにより復活」

これまで本コラムでは、M&AのメリットやM&Aの専門家の選び方をお伝えしましたが、最後に私どもがお手伝いした“老舗企業のM&A事例”をご紹介いたします。 成功した老舗企業のM&A事例 譲渡企業は業歴120年の調剤薬局です。明治時代に創業し、地元で…

<事業承継事例 No.3>【オーナー経営者のための事業承継(ファンドを選択した事例)】これからの美容室経営の選択肢 ~“承継”と“成長”と“夢”の実現のために~

日本には、コンビニエンスストアの約4.5倍の25万軒を超える美容室があり、東京都内では、そのほぼ1割の2万4,000軒を超える美容室に約7万5,000人の美容師が働いています。そして、美容室の多くは、オーナー経営者兼スタイリストという小規模事業者で、他の業…

【連載】中小企業M&A(第4回)「成功する友好的M&Aは専門家選びから(専門家の選び方)」

医師にも専門があるように、税理士や銀行員など、すべての人が事業承継に詳しい訳ではありません。「事業承継の専門家」に相談すべきです。 事業承継を友好的M&Aによって解決しようと考えた際、先ずは何から始めたらよいでしょうか?こんな質問をよく聞き…

【連載】中小企業M&A(第3回)「後継者候補『子』『社員』『後継社(M&A)』を比較する」

事業承継の検討を始める際に、“子を後継者に指名すること”から考え始めてよいのでしょうか。今回は、超高齢化社会の時代において、どのような検討手順が良いのか考えてみたいと思います。私は長年事業承継型のM&Aのお手伝いをしてきましたが、殆どのご相…

【連載】事業承継の進め方(第1回)「自社の事業承継、意識してますか?」

経営者にとって事業承継は一世一代の大仕事。「準備が大切!」とよく言われるけど、何となく後回しにしてしまう方も多いのではないでしょうか?そんな事業承継についてのイメージを明確にしていただき、初めの一歩を踏み出せるよう、今回から3回シリーズでコ…

【連載】中小企業M&A(第2回)「後継者がいないなら廃業?M&Aは不要なのか!(清算と廃業の比較)」

会社を休廃業する中小企業が増えています。東京商工リサーチの調査では2020年(1~12月)の全国における休廃業・解散件数は49,698件※1と過去最多を記録しました。また、同調査では休廃業した企業のうち約6割の企業が直前期決算で黒字であることが明らかに…

【連載】中小企業M&A(第1回)「実はM&Aの実態を知らない人の方が意外と多い」

M&Aという言葉に皆様はどういうイメージをお持ちになるでしょうか。以前に比べM&Aという言葉を聞く機会が増えてきて、皆様の中にもM&Aがどういうものかイメージが付く方も多いかと思います。ですが、そのイメージとはどういうものでしょうか。おそ…

<事業承継事例 No.2>【オーナー経営者のための事業承継】親族でもなく、M&Aでもなく、「ファンドに託す」という選択肢(事業承継ファンド「TOKYOファンド」)

「事業承継ファンド」という3つめの選択肢 中小企業のオーナー経営者が抱える事業承継問題は人それぞれではあるものの、実際に取り得る選択肢は、誰もが同じで限られています。『誰かに承継するか?誰にも承継しないか?』、『親族に承継するか?親族以外の…

<事業承継事例 No.1>事業承継ファンドを通じて、元銀行員が個人で製造業を引き継いだ事例(第三者承継:日本ヒーター機器株式会社)

コンビニエンスストアのシェア6割を占めるニッチトップ企業 日本ヒーター機器株式会社は、東京都大田区に本社を構える、飲料・食品用の加温機器メーカーである。主な顧客は大手コンビニエンスストアチェーンであり、加温機器専門メーカーとしての高い技術力…

経営資源をつなぐ「事業承継・引継ぎ補助金」活用のススメ

事業承継の難しさの第一は、後継者不在の問題が挙げられます。「そもそも親族や従業員で継いでくれそうな人がいない・・」「後継者候補と考えている人はいるけど、先行き不透明な業界で事業継続できるか不安・・」といったお悩みを抱えている中小企業に対し…

お役立ちニューストピック(2021年5月10日更新)

都・区などの事業、補助金・助成金、サービスなど、中小企業に役立つ情報をピックアップしてまとめました。貴社の発展や経営課題の解決に、ぜひご活用ください! 【飲食店等を対象】「営業時間短縮等に係る感染拡大防止協力金(5月12日~5月31日実施分)」につ…

「一代飛ばしの承継」が実現!事業承継税制の特例について

中小企業の円滑な事業承継を後押しすべく、非上場株式の取得に伴う相続税・贈与税負担を大幅に軽減する事業承継税制の要件等が“期間限定”で大幅に拡充されました。事業承継を考えている経営者にとってまさに“千載一遇のチャンス”が到来する中、「相続税負担…